個人でも運用できる投資信託|初心者でも気軽に始められる投資法

日本以外の口座を持つ

ウーマン

海外FXの口座開設方法は殆ど日本のFX会社と変わりませんし、日本語での開設や日本語サポートの会社もあります。開設の必要書類は運転免許証やパスポートなどの本人確認書類と住民票や健康保険証などの住所確認書類の2種類があります。

もっと見る

為替取引での投資

お金

日本よりもレバレッジが高い外国のfxは、日本のトレーダーたちの間で人気となって、多くの人が海外口座を開設してfxを行っています。海外のfx会社は口座開設が比較的簡単で、いろいろな入金方法があるうえに、全ての手続きがオンラインで済んでしまうのです。

もっと見る

海外のFX業者の魅力

貯金箱

FXは証拠金を預けて取り引きをします。大きく負けると追証といって追加で証拠金を入金する場合があります。海外FXには追証がないのです。そのため大きく負けても証拠金を失う程度の損失で治めることができます。海外FXでは口座への入出金手数料に気をつけます。国内銀行に口座を開ける業者を選ぶようにします。

もっと見る

個人向けの金融商品

男性

日本の家計は1700兆円以上の金融資産を保有していますが、半分以上が現預金となっています。世界的な低金利状況の継続によって、金融資産の増加傾向が顕著に停滞しています。投資信託は株式や不動産を投資対象として開発された金融商品です。投資信託は個人では難しい株式投資や不動産投資を金融の専門家が投資対象を選択して小口でも購入できるように設計した商品が多くなっています。投資信託の中には国内だけでなく、投資対象を海外に広げた商品も増加しています。しかしながら投資対象が嘉主樹や不動産となりますので、当然リスクはあるわけで、特に海外への投資には為替の影響も出現しますので注意が必要です。購入前に納得のいくまで説明を聞く必要があります。

日本では確定給付型企業年金が企業に過度に負担をかけるため、確定拠出型年金に変更されるケースが増加しています。確定拠出型年金では個人が運用方法を選択する必要がありますので、投資信託は有力な運用商品となっています。金融機関も安定性を重視した投資信託商品を開発してこうしたニーズに応えるようになっています。確定拠出型年金は将来の生活を支える資金となる原資ですので、長期、積立、分散の三つの要素で考えることが重要です。投資信託は商品設計によって多くの株式や不動産に分散投資を行っておりますし、小口のため毎月の積立によって購入することが可能です。投資信託のパフォーマンスを見ると短期では変動が大きく出ますが、長期で見ると安定した収益を獲得しています。