日本以外の口座を持つ|個人でも運用できる投資信託|初心者でも気軽に始められる投資法

個人でも運用できる投資信託|初心者でも気軽に始められる投資法

日本以外の口座を持つ

ウーマン

日本でのFXのレバレッジが25倍までと規制されてからは海外FX口座を使う方が増えています。そんな海外FX口座の開設にあたって必要書類にはどのようなものがあるのでしょうか、また口座開設はどのように行うのでしょうか。海外FXの口座開設は日本のFX口座の開設と殆ど変わりありませんし、現在では日本語で開設出来るようになっていたり、日本語サポートが受けられる会社もあるのであまり心配はいりません。必要書類には大きく分けると本人確認書類と住所確認書類の2種類があります。書類や証明書はアップロードする必要がありますので、前もってスキャナーやデジカメで取り込んでjpgやgif画像を用意しておくと良いでしょう。書類などには四隅が写るようにしておいて下さい。

必要書類の送付にあたって本人確認書類の種類は運転免許証、パスポート、住民基本台帳カードがあります。運転免許証の住所変更などが裏面に記載されている場合は裏面も一緒に送ります。また住所確認書類は住民票、健康保険証、水道・ガス・電気・固定電話・携帯電話・クレジットカードなどの利用明細があります。いずれの書類もその発行日や有効期限や住所や名前などがはっきり判別できるものを送ってください。海外FXの会社によって各1種類ずつというところもあれば2種類というところもありますので確認して下さい。必要書類のアップロードが終わりましたら申込みは完了した旨のメールが届き、会社側の確認等が済み次第口座開設となります。